++ GO(離婚)する時の簡易保険の手続き ++

 

保険の種類は 「簡易生命保険の特別養老保険」というものです。
離婚するにあたって、どちらかの保険を解除・還付金の受領等々、
全て「委任状」というプリントが必要だそうです。

何種類かの委任にわたる手続きの場合、このプリントのコピーの利用でも
かまわないそうですが、委任者が自著で記入が条件です。

委任状があれば 夫は郵便局に出向く必要はなく 妻だけで手続きを完了
することができるようです。

スムーズに離婚となった場合 自分の保険はそのまま離婚手続きの後、
苗字などの変更をすればOK。
夫の分については、上記のプリントが必要。継続する場合のみ、夫の戸籍謄本が
必要になる。その時に、保険金・満期受取人などを、法定相続人から自分(妻)の
名前にする。(全て夫が記入すること)

受け取り人の指定をきちんとしておかないと 法定相続人が受け取ることになります。
極端な例ですが 離婚後 手続きをもたもたしている間に 相手が再婚そして死亡した
場合には 受け取り人は 再婚相手になってしまうそうです。
ですから 「満期受取人」 「死亡保険金の受取人」 どちらも自分の名前に指定。

ただし 満期の受け取りではなくても、途中でも解約受け取りできるので、
郵便局の係の方には、継続するよりも夫のぶんは、解約するほうを薦められました。
どちらを選択するにしても 妻が損のないように・・・よく検討して下さいね。

なお 解約手続きは、保険を契約した郵便局でないとできないそうですので
ご注意下さい。

 

ブラウザを閉じて下さい。