++ 特定調停について ++

簡易裁判所に調停の申し立てをすることから始まります。 利息制限法による引き直し計算をします。
その結果 最終的な債務額が決定。それを 3〜5年で返済していくことになります。
債務者である自分と 債権者と その間に調停委員さんが入り 協議されます。
取引経過が長い場合(特に サラ金) かなりの減額が期待できるかも。
それと 費用のことを考えたら 他の整理法の中では ダントツ経済的かも。
が、自分自身で いろいろ行動しなければならないので 知識も必要だし
気力もかなり要する方法だと思います。

<我が家の場合>

簡易裁判所に行き まずは相談してみることにしました。現在の債務の総額と 夫の収入 私の収入を
聞かれたのね。夫の収入だけを考えたら 破産するしかないですね。とのこと。
ただ 私の収入を合わせたら なんとか返済計画はたてられるかもしれません。
ただし もし返済できなくなれば 強制執行といって あなた方夫婦の給料の四分の一が 差し押さえになる!
それを承知した上での調停なんです。返済が始まったら 今まで通りの生活していたんでは 厳しいですよ。
パチンコが原因の借金なんだから これからは絶対やめなくちゃ!
それに 毎晩 晩酌していたとしたら それも減らすとかしないと!そのくらいの覚悟があって その上で調停を
考えるなら 1度 ダンナさんも連れて来てみて・・・ということでした。
そりゃ ほんとそうだよね。私より 夫自身が 覚悟決めないとだもん。
夫に 相談の結果を知らせたんだけど 債務整理のこと 全く知識ない今の状態では なんだか 
ちんぷんかんぷんなようで・・・(−−#) このまま 私ばっかり先走っても 結果的に夫の覚悟がないかぎり
調停も何も あったもんじゃない!って 思ってしまいました。
それと 他のサイトで 自分自身で過去の取引経過の開示請求をし かなりの減額に成功した・・・という方の
体験を知りました。うちの場合 途中で何度か完済してるわけですが 完済する前の取引まで開示させることが
できたら かなりの減額(いや 過払いかも・・・)が期待できそう。
しかしながら ここ岩手においては 途中で完済してしまったものに関しては 契約もそこで一旦切れたことに
判定され 最後に借り入れを始めたところからしか 計算してもらえなそう・・・とわかりました。
それでも 自分自身で 債権者側に交渉し 取引経過の開示請求することもできたと思うのですが 
それするには かなりの知識と 精神的な強さと その他もろもろ 兼ね備えていなければ難しい!
夫自身に それを求めるのは 不可能!という結論に達し あきらめました・・・。